HOMEに戻る
市場のひとこま 

カレンダー画面へ


    ***写真をクリックすると、次の写真が見られます***

寒玉(かんだま)キャベツ

分類 キャベツ
品種 冬王2号
産地 剣淵(けんぶち)町 (JAきたひびき剣淵)
出回り期 11月〜3月

剣淵キャベツ農家の皆様へ
寒い中、雪の下から掘り出して、重たいキャベツを出荷してくださって、本当にありがとうございます。
こんな気温の中での作業は、とても大変なことですよね。
皆様のキャベツが札幌の市場につくときには、ピンと張ったポリ袋に包まれて、美しくて、 存在感があります。いつも、こんなに美しいのは、作ってくださる農家の皆様はもちろん、 キャベツ達を包んでくれている剣淵町の雪のおかげもあるのでしょうか。
美味しいキャベツをありがとうございます!

剣淵産 寒玉キャベツ とは
寒玉キャベツというのは、キャベツの分類で、巻きのきつい、中身の詰まったキャベツの種類のことを言います。 剣淵では、この寒玉キャベツを栽培しているのですが、収穫した後にキャベツの上に「雪」が積もって、キャベツはこの雪の下で保存されます。 農家の方は、冬の間これを掘り起こして出荷しています。雪の下から掘り出すので、「雪の下キャベツ」とか 「越冬キャベツ」と呼ばれることもあります。 キャベツを雪の下で保存することのメリットは、@味がよくなるA冬に仕事ができる(農家さん)B冬に も北海道産キャベツが食べられる(消費者) があげられます。