HOMEに戻る
市場のひとこま 

カレンダー画面へ






 ***左の写真をクリックすると、

    競りの様子を見られます***

       ☆パラパラ漫画風です☆

雪の下キャベツ   2010.1.26

分類 キャベツ
産地 剣淵(けんぶち)町 (JAきたひびき剣淵)
出回り期 11月〜3月

さっぽろ雪祭りも近づき、札幌はだいぶ雪が積もりました。
雪といえば、市場には、道内の「雪の下(ゆきのした)」商品が入荷します。 そのひとつが、「雪の下キャベツ」。
だいたい、11月のお漬物の始まる季節に始まって、冬の終わりの3月頃まで出荷しています。 雪が降る前に、食べごろに育ったキャベツの茎を切ってしまいます。 雪が積もると、キャベツは雪に埋まって保存されます。これを「雪の下キャベツ」や「越冬キャベツ」と呼んでいます。
剣淵町は、道北(北海道の中でも北のほう)に位置していて、雪がたくさん積もる地域です。 だから、雪の下キャベツの掘り出しには、ショベルカーを使いますが、キャベツを傷つけないように、最後は 人の手で掘り出します。

雪の下キャベツは、寒玉(かんだま)という、巻きのつよい品種系のキャベツを使います。
重たい雪の下でもつぶれないくらい、ぎっちり葉が巻いているんですね。

2008年度のページ