HOMEに戻る
市場のひとこま 

カレンダー画面へ


    ***写真をクリックすると、次の写真が見られます***

早生みかん(わせみかん)

分類 かんきつ類
産地 和歌山県 (JA紀の里,JAながみね)
品種 宮川早生、興津早生など
出回り期 11月頃〜12月上旬

みかんは、ほぼ冬の間ずっと出回っているくだものですが、
収穫時期の早い順から、「極早生」「早生」「普通(中生・晩生)」に分けられます。


Q.なんで、同じ「みかん」なのに、いろんな品種があるの?

A. じつは、それぞれに個性があるのです。
お店に並んでいるみかんを見ると、いつ見ても、みんな同じようにみえるかもしれません。

でも、みかん畑に行ってみたら、すぐに品種が違うということがわかると思います。
こっちの畑はみんな収穫しているのに、あっちの畑はまだ緑色のまま。
これが、極早生と早生、普通の違いです。

A2.みんな、みかんが大好きだったから。
初めはみかんの品種は少なかったので、みかんの季節は短かったはずです。

でも、もっと食べたい。早く食べたい。おいしいみかんが食べたい。

そう願った人たちが、少しでも早く収穫できるもの、そしてよりおいしいものを
見つけては、大切に育ててきました。
そのため、同じようなみかんの中にも、いろいろな品種があるのです。
調べてみると、本当にたくさんの品種のみかんがあって、
みかんが、とても人気があり愛されている果物だということがよくわかります。